副作用があるのはどっち?

脱毛する際気を付けること

基本的にレーザー脱毛はアトピーやじんましんなど、肌トラブルを抱えている方が行っても問題ありません。レーザーの光の達する距離は皮膚表面から3,4ミリ程度であるため、内臓や血管に到達する心配もないです。また、皮膚がんの心配がある方も大丈夫です。皮膚がんの原因となるのは紫外線であり、レーザー脱毛の光は赤外線に近いからです。しかし脱毛にはリスクが伴います。火傷や増毛症などの危険性があります。ただし、これらは正しい処置をすることでリスクを回避できます。
では、エステでのレーザー脱毛と医療脱毛とでは、副作用に何か違いがあるのでしょうか。脱毛は一般的に医療行為であり、医師免許が必要です。エステサロンのレーザーは照射パワーが弱いため、治療は長期間にわたります。しかし、医療機関が行うレーザー脱毛であれば、有資格者による施術が行われるため、効果は高いです。また、もし肌トラブルが発生したとしても医療機関においては迅速な治療を行うことができます。照射パワーが強いため、エステに比べると痛いかもしれませんが、医療脱毛では希望で麻酔をかけてもらえます。副作用の危険性としては、医療脱毛のほうが安全でしょう。
自身の体が健康であることは大切です。安全性の高い医療脱毛をおすすめします。

照射の違い

ではエステサロンとクリニックでレーザー照射には何か違いがあるのでしょうか。やはり医師免許を持っているかいないかで、施術に違いが生じます。基本的にクリニックのほうがレーザー照射の出力が高く、エステサロンのレーザーは出力が低いですそのため、クリニックのレーザー治療は短期間であり、サロンの治療は長期化します。しかしエステは価格がリーズナブルです。個人経営であるクリニックは価格が高く、ばらつきがあります。処理に時間はかかりますが、経済的に美容行為を行いたい場合にはエステを利用しても良いでしょう。しかし肌トラブルが発生した際、エステサロンでは十分な施術を受けられない可能性があるため注意が必要です。もしレーザー脱毛が初めて、受けたことがなくて不安だという方がお試しでレーザー脱毛をエステで受けてみるのも良いかもしれません。
確実で安全な脱毛を望む場合、クリニック選びにも注意しましょう。あくまで個人経営の病院のため、クリニックごとにばらつきがあるのは確かです。料金や実績を比較してクリニックを決定するのが良いでしょう。エステの脱毛では永久脱毛ができない可能性があります。いずれにせよ、自分に合った施術を行ってもらえる所を探し、安心な施術を行いましょう。