医療脱毛の副作用

エステでの脱毛と病院での脱毛、効果が高いのはどっち?

医療脱毛はムダ毛を処理したいときにはとても効果が高い施術です。

ですが、脱毛施術を受けた後に、脇の下の汗の量が増えた、赤みが取れない、火傷や水ぶくれになるといった症状を副作用として考えている人もいます。

医療脱毛の施術は膚表面から3ミリから4ミリの毛包に達する程度の深さまでしか届かないようになっています。なので血管や内蔵などに影響を与えてしまうようなことは絶対にないです。
また、皮膚ガンの心配をする人もいますが皮膚ガンの原因となるのは紫外線です。医療脱毛で使用されるレーザーの光は赤外線に近いものなので心配しなくても影響はないです。

施術の後に赤みが取れないのは、レーザーは黒い毛に反応してムダ毛を処理していくので毛根周りの皮膚に軽い炎症を起こすことがあります。皮膚や肌が弱い人や肌が白い人だと目立って赤みが出てしまう場合があるということです。ですが数時間から数日で治まります。

また脇の下の汗が増えたというのは脱毛行為がエクリン腺の発汗刺激になるからという医者もいますが、ほとんどの場合が精神性発汗の可能性が高いです。
脇の下の汗を気にすることでさらに汗をかいてしまうという悪循環になってしまうということです。

なので医療脱毛の効果で副作用はほとんどないと考えることができます。

クリニックでの照射レーザー脱毛の効果

クリニックなどで美容効果が高い医療レーザー脱毛の施術を受ける人はたくさんいます。

レーザー脱毛の施術はエステサロンの施術では使うことができない強い出力のレーザーを使っているのでムダ毛が濃い人や男性などにも効果があります。
またもしもレーザー脱毛の施術で火傷をしてしまったというトラブルがあったとしてもすぐに診察をしてもらうことができますし、治療も受けることができるので安心です。

クリニックのレーザー脱毛は毛球部の毛母細胞を破壊するのでムダ毛の再生が遅くしたり、再生できなくします。
エステサロンの施術よりもしっかりとしたムダ毛処理の効果を早く感じることができるということで人気があります。また施術回数が少なくてすむので通う回数も少なくていいというのも人気の理由です。

ムダ毛が薄くならない人はまずいないです。ムダ毛の部位や濃さによって効果の出かたが違う場合もありますが、生えてから時間の経った太く濃い毛の方が高い脱毛効果を発揮するので施術の効果がわかりやすいです。

クリニックのレーザー脱毛は男性のムダ毛が濃い人でも薄くすることができますが、うぶ毛や栗毛、白髪などのメラニン色素が少ないムダ毛の場合はレーザーを照射してもあまり効果を期待することができない場合もあるので理解しておくといいです。

大きなほくろは除去後に脱毛

腕や脚などにほくろがあってもレーザー脱毛できる?

レーザーは黒い色素に反応するので、脱毛の際にほくろがあると、そこに熱がたまって火傷を起こすことがあります。

小さいほくろの場合は、上にテープを貼って照射すれば、火傷を防ぐことが出来ますが、サイズが大きい場合はそれが出来ないので、除去した後に脱毛した方が良いでしょう。

ほくろの除去は医療資格を持つ人しか出来ないので、エステや脱毛サロンで受けることは出来ません。ほくろを除去したいときは、医療行為が可能なクリニックへ行くようにしましょう
その場合は光脱毛ではなく、医療レーザー脱毛を受けることになります。

脱毛用の医療レーザーをほくろに照射しても、かさぶたになったり、色が薄くなることはあっても除去は出来ないので、別のレーザーを使います。
炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーを照射すれば、ほくろがなくなるので、その後に脱毛すれば、火傷などの肌トラブルを防げます。

炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーには、ほくろ以外にもシミやそばかすを除去する効果があります。

レーザー治療を受ければ、ムダ毛だけでなく、お肌の悩みも解消できるので、美肌になりたいときはクリニックに行きましょう。

レーザーの照射出力をさげてムダ毛脱毛の施術をする

除去することなく、ほくろを残したままで脱毛したいときは、その部分にテープを貼って保護したり、レーザーの照射出力を下げて、施術を行う方法もあります。

照射出力が低いと、ほくろが薄い場合はほとんど反応しないので、火傷の心配がありません。毛根のメラニン色素にだけ反応して、ダメージを与えられるので、肌トラブルに悩まされることはないでしょう。

ほくろが薄いだけでなく、よく見なければわからないほど小さいサイズの場合も、低出力のレーザーであれば、ほとんど反応することはありません。
もともと低出力のレーザーのみを使っているクリニックなら、肌にほくろがあっても、何も言われないこともあります。

ほくろがあるから出来ないなどと、カウンセリングで言われない限りは施術が出来るので、安心して任せるようにしてください。

小さいほくろにレーザーを照射すると一時的に濃くなることがありますが、時間が経つと薄くなり、そのままなくなってしまうこともあります。
ほくろがある人が施術を受けられるかどうかは、クリニックの判断次第なので、まずはカウンセリングを受けるようにしてください。

それぞれのほくろの状態を見てから判断してくれるので、指示に従うようにしましょう。

医療脱毛でほくろが消える、または薄くなる理由

医療脱毛でほくろが消える?

医療脱毛は文字通り、医療機関で受けられる脱毛法で現在は、レーザーでの施術がポピュラーに行われています。実はレーザーでの施術で「ほくろが消えた・薄くなった」と感じる方がいるようです。
なぜ、レーザーでほくろが消えたり薄くなるのでしょうか。
レーザー脱毛は毛根部分に含まれる、メラニン色素にレーザーの熱を加えて無駄毛を処理する施術です。熱によって毛根組織などを壊して、無駄毛を処理します。ほくろにもメラニン色素が含まれているので、レーザーを照射すると熱によって色素が壊れて消えたり、薄くなるケースがあると言われています。実際、クリニックではほくろの除去治療にレーザーを用いているほどです。

クリニックで施術を受けて、もしほくろが消えたり薄くなったとしても、レーザーで起こった反応ですので体や肌に特別な害があるという訳ではありません。ですが、ほとんどのクリニックではレーザーでの肌トラブルを予防するため、ほくろがある部位は避けて施術を行うというケースがほとんどです。
ほくろが多い箇所の無駄毛をレーザーでの医療脱毛で処理したいという場合、カウンセリングに相談してみると良いでしょう。

医療脱毛時に毛が抜けやすい肌作りのコツ

クリニックによる脱毛処理を受ける時は、毎日のスキンケアに気を配るようにしましょう。特に、保湿成分が配合されている化粧水や美容液を使うことで、刺激に強い肌へと整えることができるのでおすすめです。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分配合のスキンケアアイテムを使えば、効果的に肌の水分量を高めることができます。

医療脱毛で使用されている業務用脱毛器は、レーザーを肌に照射してムダ毛をケアします。
このレーザーにはメラニン色素に反応するという性質があります。メラニン色素はムダ毛に多く含まれていますが、同時に、日焼けをした肌やシミ、ホクロ、アザなどの肌の黒ずみにも多く含まれています。そのため、肌の色が濃い部分の脱毛施術は肌を痛める恐れがある上に、脱効果が低下することが考えられます。
医療脱毛の効果を高めていくためには、スキンケアで美白対策をすることも重要になってきます。
肌の新陳代謝を高めるためにプラセンタエキスやビタミンC誘導体配合のスキンケアアイテムを使ってみましょう。これに加え、日焼け止めや日傘などを使い、紫外線対策に力を入れるのもおすすめです。

vioを脱毛するなら医療脱毛が効果大!

医療脱毛を行うメリット

最近は、vioの脱毛をする人が増えてきました。40代以上の人でも行う人が増えてきています。その理由に、介護脱毛があります。
年を取って介護が必要になった時に、ムダ毛がないと衛生的だからです。介護する人もされる人も、楽になります。
また、vioの脱毛をすれば生理の時も楽になります。vio脱毛をしようと考えた時に、エステサロンかクリニックの医療脱毛か迷うという人もいるでしょう。エステサロンは出力の弱い脱毛器を使用するので痛みはあまりありません。
しかし、vioの部分は皮膚が薄いのでエステサロンで行っても痛みを感じてしまう事があります。ゴムではじかれたような痛みです。しかしエステサロンでは医療機関ではないので麻酔を使用する事は出来ません。クリニックで行う医療脱毛なら、vioの脱毛時に麻酔を使用して貰う事が出来ます。
なので痛い思いをする事なく脱毛が出来ます。また、医療脱毛は出力の強い脱毛器を使用出来るので、施術の回数が少なくて済みます。どんなに剛毛の人も、きれいに毛が抜けます。
しかも永久脱毛なので、ムダ毛が二度と生えてこないというメリットがあります。

クリニックで行うVIO医療脱毛の特徴とメリット

エステサロンの脱毛は、美容にもこだわっている場合がありますので、施術後に保湿ジェルを塗って貰えます。
料金も安い所が多く人気です。全身脱毛をするとムダ毛が一切なくなり体のラインも綺麗に見えます。しかしエステサロンの脱毛は、減毛効果しかないので数年するとまたムダ毛が生えてきてしまいます。
vioの部位など恥ずかしい思いをして脱毛してもまた毛が生えてくるのは嫌なものです。クリニックで行う医療脱毛なら一生ムダ毛が生えてくることはありません。vioも脱毛をすれば毛が生えてこないので安心です。脱毛は毛の成長期に行うと最も効果が高いです。毛の成長の周期に合わせて脱毛しますので月に一度ぐらいのペースで施術を行います。
エステサロンでは、終了までの回数は15回程必要ですが、医療脱毛ならば5回程で終わります。vio部分は何度も施術するのは負担になる場合もあるので、短い期間で終了するのは嬉しいです。
もし、施術後にvio部分に炎症が起きてしまった場合、エステサロンでは、自分で皮膚科に行かなければなりませんが、クリニックなら直ぐに医師が対応してくれ薬を処方して貰えるので安心です。

医療脱毛の脇脱毛で脇汗が増えるって本当?

医療脱毛の施術

ムダ毛処理を行う場所の中でも、最も希望する人が多いと言っても過言ではない場所が「ワキ」であると言われています。
ワキ毛の脱毛は、毛抜きやカミソリなどを使用して自分で行う方法と、専門のサロンやクリニックで施術を受ける方法の2通りがあります。最も高い脱毛効果を期待することが出来るとして、注目されているのが、クリニックで行われているレーザー脱毛です。一見すると、高額に感じられる施術費用ではありますが、少ない施術回数で高い効果を期待することが出来るということもあり、エステサロンで施術を受ける場合と総合的に比較すると、費用に大きな差がないとされています。
永久脱毛により、汗の分泌量が増えるということはないとされています。汗を感じやすくなる原因としては、これまでは汗をかいても、ワキ毛に付着し、蒸発していたのが、ダイレクトに肌に感じるようになったことが考えられます。また、肌が乾燥しやすくなることにより、臭いが気になり始めたという人もいるようです。
ムダ毛が無くなるというメリットはありますが、人によっては、脱毛施術を受けたことにより、汗が気になるようになったと感じる人もいるようです。
臭いや汗が気になるという場合の対策としては、こまめに汗を拭き取るようにしたり、制汗剤を使用すると良いでしょう。

医療クリニックのレーザー照射は脇腺には影響なし!でも脱毛効果は高い!

レーザー脱毛の施術を受けることで、わきがが悪化したかのように感じるという人もいるようです。しかし、レーザー脱毛でワキガが悪化するということはなく、逆に臭いなどが軽減されることのほうが多いと言われています。
その理由としては、レーザー脱毛施術を受けることで、毛根を破壊することが出来るためです。毛根を破壊することで、毛穴にそって存在するアポクリン汗腺も少なからず影響されるため、臭いを軽減させることが出来るとされています。
脱毛サロンで行われている施術に比べて、照射するレーザーの出力が高いため、短期間でも脱毛効果を期待することが出来ます。クリニックで行われているレーザー脱毛は、エステサロンで行われている施術に比べて出力が高いがゆえに、感じる痛みも強いようです。痛みが気になるという場合には、弱い出力で施術を受けたり、麻酔を使用することで、痛みを軽減させることが出来ます。
汗が分泌される原因は、様々あります。緊張感や不安感の為に汗が分泌されるようになることもありますので、そのような場合には、自律神経を整えるなど、不安を解消するための対策をこうじるようにしましょう。
メンタルケアが充実しているようなクリニックを選ぶことも大切になります。

レーザー照射1回目の効果

1回あたりの効果

医療脱毛では医療レーザーを使用するため、照射1回でもかなりの効果を実感することができます。サロンと比較するとその差は顕著であり、医療レーザーの1回はサロンの2~3回に匹敵すると言われています。1回でチクチクしたムダ毛が解消する方もいるため、短期間で不快感を解消したい方、夏場に備えてツルツルにしたい方などに適しているでしょう。

効果のほどは肌質・毛質・毛量などが関係してくるので、みな同じ効果を実感できるわけではありません。一般的に毛量の少ない方ほど1回あたりの効果は低くなるわけです。レーザーはメラニン色素に反応する作用がありますから、毛の色素が薄いと思うような効果を得られない可能性があります。肌質があまり強くない場合は、レーザーの出力を抑えることになるので、必然的に回数は増えてしまいます。

いずれにしてもサロンの2~3倍の効果は期待できますから、サロンで十分に薄くならなかった方におすすめします。医療レーザーは照射面積が狭いですが、一点にかかるパワーは非常に高いです。サロンより時間がかかるのが普通ですが、最近はサロンのようにサクサクと処理できるマシンも登場しています。痛みも以前とは比較にならないほど軽減しているので、敏感肌の方も試してみましょう。

全身を脱毛するなら期間はどれくらいかかる?

医療脱毛は1回でもかなりの効果を実感できるのが特徴であり、腕や脚などは4~6回くらいでほぼツルツルになることも多いです。部位によって回数は異なってきて、VIOだと9~12回くらいの照射が必要になることもあります。腕や脚が完全にツルツルになっても、他の部位が残っていれば施術を続けることになりますから、1年半~2年程度の期間がかかると考えておくべきでしょう。

口コミを見ると回数あたりの脱毛効果はサロンの2倍以上というコメントが多いです。皮膚科や美容整形外科による施術は医療脱毛に属しており、永久脱毛が行える唯一の方法となっています。そのためサロンで満足できなかった方、産毛が気になる方などが処理を受けるケースが多くなっています。料金はサロンより高額になりますが、費用対効果で比較するとあまり変わりません。

医療クリニックのレーザー照射だと、全身処理にかかる回数は12回程度と考えておくといいでしょう。VIOを含まない全身脱毛だと4~6回で完了することもありますが、顔脱毛の有無によっても変わってきます。顔脱毛はVIOに次ぐくらいの処理回数になることが多いので、顔をツルツルにする場合は10回以上かかることもあるでしょう。どこまで処理をするかによって回数・期間は異なってきます。

副作用があるのはどっち?

脱毛する際気を付けること

基本的にレーザー脱毛はアトピーやじんましんなど、肌トラブルを抱えている方が行っても問題ありません。レーザーの光の達する距離は皮膚表面から3,4ミリ程度であるため、内臓や血管に到達する心配もないです。また、皮膚がんの心配がある方も大丈夫です。皮膚がんの原因となるのは紫外線であり、レーザー脱毛の光は赤外線に近いからです。しかし脱毛にはリスクが伴います。火傷や増毛症などの危険性があります。ただし、これらは正しい処置をすることでリスクを回避できます。
では、エステでのレーザー脱毛と医療脱毛とでは、副作用に何か違いがあるのでしょうか。脱毛は一般的に医療行為であり、医師免許が必要です。エステサロンのレーザーは照射パワーが弱いため、治療は長期間にわたります。しかし、医療機関が行うレーザー脱毛であれば、有資格者による施術が行われるため、効果は高いです。また、もし肌トラブルが発生したとしても医療機関においては迅速な治療を行うことができます。照射パワーが強いため、エステに比べると痛いかもしれませんが、医療脱毛では希望で麻酔をかけてもらえます。副作用の危険性としては、医療脱毛のほうが安全でしょう。
自身の体が健康であることは大切です。安全性の高い医療脱毛をおすすめします。

照射の違い

ではエステサロンとクリニックでレーザー照射には何か違いがあるのでしょうか。やはり医師免許を持っているかいないかで、施術に違いが生じます。基本的にクリニックのほうがレーザー照射の出力が高く、エステサロンのレーザーは出力が低いですそのため、クリニックのレーザー治療は短期間であり、サロンの治療は長期化します。しかしエステは価格がリーズナブルです。個人経営であるクリニックは価格が高く、ばらつきがあります。処理に時間はかかりますが、経済的に美容行為を行いたい場合にはエステを利用しても良いでしょう。しかし肌トラブルが発生した際、エステサロンでは十分な施術を受けられない可能性があるため注意が必要です。もしレーザー脱毛が初めて、受けたことがなくて不安だという方がお試しでレーザー脱毛をエステで受けてみるのも良いかもしれません。
確実で安全な脱毛を望む場合、クリニック選びにも注意しましょう。あくまで個人経営の病院のため、クリニックごとにばらつきがあるのは確かです。料金や実績を比較してクリニックを決定するのが良いでしょう。エステの脱毛では永久脱毛ができない可能性があります。いずれにせよ、自分に合った施術を行ってもらえる所を探し、安心な施術を行いましょう。

照射する間隔はどのくらい?

施術を行う頻度と効果

メンズ脱毛クリニックが提供するレーザー脱毛の施術は、同じ部位については、およそ二ヶ月から三ヶ月ぐらいの期間を空けて施す必要があります。
これは、ムダ毛の生えかわりのサイクルである毛周期が、関係しているためで、メンズ脱毛クリニックが提供するレーザー脱毛は、成長期の過程にあるムダ毛にしかダメージを与えることができないため、退行期や、休止期にあるムダ毛の毛穴が、成長期を迎えるのを待つために、およそ二ヶ月から三ヶ月ぐらいの間隔を空ける必要があるという訳になります。
ですので、ムダ毛が自分で処理する必要がないぐらいの状態に仕上げるまでには、ある程度の回数の施術を受ける必要があり、その度に、およそ二ヶ月から三ヶ月ぐらいの間隔を空ける必要があるので、時間がかかることになります。
その人のムダ毛の濃さにも寄りますが、一般的には、ムダ毛が自分で処理する必要がないぐらいの状態に仕上げるまでには、およそ五回から六回ぐらいレーザーを照射する必要があります。
ですので、およそ一年ぐらいの時間がかかることになります。
ですので、早くムダ毛を自分で処理する必要がないぐらいの状態に仕上げたいという場合は、早目にレーザー脱毛の施術を受け始める必要があります。

脱毛効果の違い

レーザー脱毛と、医療脱毛は基本的に同じものですが、医療脱毛を、医療機関で施す脱毛の施術全般のことを指すと考えると、医療機関では、レーザー脱毛に加えて、電気針脱毛も行っていることがあるという違いがあります。
レーザー脱毛よりも電気針脱毛の方が、ムダ毛を目立たない状態を維持させる効果が高いのですが、電気針脱毛は、毛穴一個一個に細い針を通して電流を流しムダ毛にダメージを与えていくので、非常に時間がかかる方法になります。
そして、電気針脱毛は、レーザー脱毛と比べると、費用も高いので、全身のムダ毛を電気針脱毛で目立たなくするという方法は、あまり現実的ではありません。
また、電気針脱毛の方が、レーザー脱毛よりもムダ毛が目立たない状態を維持させる効果が高いとはいっても、どちらも、照射漏れや、施術漏れがない限りは、ほぼ半永久的にムダ毛が目立たない状態を維持できるので、効果の違いを実感できる人はほとんどいないというのが実情です。
ですので、レーザー脱毛は、電気針脱毛とほとんど変わらない効果であるにも関わらず、施術にかかる費用や、施術にかかる時間がかからない方法であるということができます。
電気針脱毛は、レーザー脱毛の施術の仕上げとして活用するのが良い方法の一つになります。

vioを処理するとツルツルを維持できるのでおすすめ

vioを処理するとツルツルを維持できる

vioラインは他の部位よりも繊細でダメージを受けやすいからこそ、医療脱毛の使用をおすすめします。全身脱毛には対応していても、vioラインや顔は未対応というサロンは少なくありません。
繊細な部位ほど肌荒れのリスクが高くなるため、避けたいと考えるサロンが多いわけです。
料金で見ると医療機関よりサロンのほうが安いですが、施術後の経過、美容効果、安全性のいずれを見ても医療脱毛のほうが適しています。医師や看護師などの医療資格者が施術を担当するため、その人の肌状態に合わせて適切な処理をしてくれます。
肌が耐えられる限界を超えてダメージを与えてしまうと、炎症の原因ともなるのです。そこを見極めていくのは素人の方には非常に難しいため、安全のためにも医療機関で処理を受けるべきでしょう。
vioラインをツルツルにすれば蒸れを軽減できますし、汗をかいても短時間で乾燥します。
すそわきが対策としても効果的であり、夏場に備えて処理する方も少なくありません。日本では処理する方が少ない部位ですが、最近は欧米の影響を受けて希望者が増えています。

クリニックのレーザーが最適な理由は高出力にあり

サロンからクリニックのレーザー脱毛に乗り換えた方は、1回あたりの効果がまったく違うと言います。出力が非常に強いので3~4回程度でもかなり薄くなるため、サロンで思うような効果を得られない方も利用しているのです。
vioラインは特に繊細な部位であり、蒸れが発生しやすい状況でもあるので肌トラブルが起こりやすいです。
だからこそ安全性の高いレーザー脱毛が推奨されており、クリニックを利用する方が増えています。実際にクリニックでvioラインを処理した方は、夏場でもサラサラを維持できると答えています。
何より自己処理が不要になりますから、美容効果も期待できるのです。美容のためには美肌ケアが必要と考える方が多いでしょうが、美肌になるには何よりダメージを与えないことが大切となります。
肌にダメージを与えている以上は、適切な美肌ケアを行っても効果が相殺されてしまうのです。自己処理の方法と言えばシェービングやワックスが主流でしょうが、これらの方法は定期的に行う必要があります。
それゆえ肌がリラックスすることができず、肌が不安定な状態が継続してしまうのです。
美肌のためにも脱毛はクリニックのレーザーで処理することをおすすめします。

顔を手入れするときはどれくらいの回数を考えておくべきか

脱毛するときにかかる期間と質

顔のムダ毛は産毛でもあまり密にあるとメイクののりやもちに影響してきますし、男性でも毎日ヒゲそりをするのは面倒くさい、シェービングが肌に負担になってしまうと感じている方も多いでしょう。
そのため、顔のムダ毛を永久脱毛してしまって、手入れをしなくても良い状態にしてしまうのも1つの良い方法です。
医療脱毛だとレーザーを使って毛根からムダ毛の成長をストップさせることが可能です。
回数はムダ毛の質や多さ、範囲などによって異なってきます。最初にカウンセリングで大まかな目安が示されるでしょう。
ただ、女性の顔の場合だと多くの方が7回前後で終了していることが多いです。
もちろん、ムダ毛のサイクルや毛質によって異なります。男性なら子の回数よりは多くなってしまいますが、それでも毎日の髭剃りが不要になり肌荒れのリスクも減るので、トータルで考えるとメリットの方がはるかに大きいです。
医療脱毛ではなく、一般的なサロンの場合はレーザーの威力が弱くなりますので、もう少し回数は増える傾向にありますので通う期間も長くなってしまいます。

効果はどうして差が出るのか

一口に脱毛と言っても施術内容や効果に違いがあって、最悪の場合は永久ではなくまた生えてしまうということもあります。
これだけの差が出てしまうのには使っているレーザーマシンの差、肌の分析力の差などがあります。医療脱毛のできるサロンでは認められている高いレーザーの照射も、一般のサロンでは認められていないため弱いレーザーで何度も繰り返して施術するしかありません。
それがうまくいかないこともあり、しばらくすると差が出てしまうのです。美容面でも肌をダメージから守るケアを一緒に考えたり、カバーしてくれる知識が必要です。これらの違いから料金は医療脱毛は少し高いイメージがありますが、その分効果がしっかりとしていますし、一般的なサロンと比べると期間も短くなるので損をするということはありません。
トータルで考えると、安心、質、肌への影響など、どの面から見ても任せられると感じられるのは医療脱毛でしょう。
専門家による肌の内部、毛根までを見据えて対処してもらえるので長くきれいな肌を維持することが可能ですから自信をもって肌を露出できます。